■富夢想野ニュース(イベント・トピックスetc)
                             
          20192月 (H.31)

今冬は降雪が遅かったものの、年末からの連日の降雪が続き除雪に追われる新年の幕開けです。(31.1.1)



当館では、リフト・ゴンドラ券付パックの設定はしていませんが、格安リフト券を準備しておりますのでお問い合わせ、ご利用ください。なお、スキー・ボードについても格安のレンタルをご用意できますので連絡ください。(30.12.1)
 

〇1月以降のイベント情報等(30.12.1)
1月1日(火) 元旦ご来光ファーストトラック(妙高杉ノ原スキー場)
 
1月1日(火) 元旦初日の出早朝スカイケーブル運行(赤倉観光リゾートスキー場)
 
1月4日(金)〜14日(月) 新春お楽しみ抽選会(道の駅あらい)
 
1月12日(土) 斑尾高原火祭り(斑尾高原観光協会)
 
 
1月15日(火) 赤倉どんど焼き(赤倉温泉観光協会)
 
1月19日(土) ダイナマイトカーニバル2019(杉野沢観光協会)
 
1月大寒以降 かんずり雪さらし

2月2日(土)〜3日(日) レルヒ祭(日本スキー発祥108周年)   上越市金谷山スキー場

2月16日(土)〜17日(日) 第21回全日本山岳スノ−シュ−イング・レ−ス in 妙高(池の平)
 
3月10日(日) 妙高雪合戦フェスティバル(池の平温泉観光協会)
 
3月23日(土) 関温泉スキーカーニバル(関温泉スキー場)
  
12月21日(金)〜3月16日(土)AKAKURA妖怪縁日 赤倉温泉
 
◆妙高高原ビジターセンター イベント情報 http://www.myokovc.jp/event/
スノーシュートレッキング 2月3日(日)、4日(月)、5日(火)、8日(金)、9日(土)、10日(日)
雪と遊ぼう 1月20日(日)、27日(日)、2月2日(土)
巣箱作り 2月9日(土)、10日(日)
雪上観察会 2月16日(土)、23日(土)、3月2日(土)
はじめてのスノーシュートレッキング 2月16日(土)、23日(土)
クロカンに挑戦 3月16日(土)、17日(日)
メープルシロップを作ってみよう 3月9日(土)、10日(日)
 
◆1月20日(日) スキーこどもの日(市内各スキー場)
小学生以下リフト券無料 ※毎月第3日曜日はスキーこどもの日
 
※冬シーズン運行バス情報
妙高高原ライナー (頸南バス) 12月22日(土)〜平成30年3月17日(日)まで運行
上越妙高駅〜道の駅あらい〜直売センターとまと〜赤倉温泉バス停〜赤倉観光リゾート
〜ランドマーク妙高高原〜池の平いもり池入口〜杉野沢入口〜杉ノ原スキー場
 Mt.Myokoシャトルバス (妙高・高原観光バス) 12月23日(日)〜平成31年3月4日(日)まで運行
赤倉⇔池の平⇔杉野沢線
赤倉温泉バス停〜赤倉観光リゾート〜ホテルウィンザー〜ランドマーク妙高高原〜池の平温泉スキー場
〜池の平温泉観光協会〜池の平ペンションビレッジ〜杉野沢消防小屋〜杉ノ原スキー場
赤倉⇔斑尾線
赤倉温泉バス停〜赤倉観光リゾート〜ホテルウィンザー〜妙高高原バスターミナル
〜タングラム〜斑尾高原ホテル
赤倉⇔ロッテアライリゾート線
赤倉温泉バス停〜赤倉観光リゾート〜ホテルウィンザー〜妙高高原バスターミナル
〜関山駅〜ロッテアライリゾート
赤倉⇔地獄谷野猿公苑線
赤倉温泉スキー場〜赤倉観光リゾート〜ホテルウィンザー〜妙高高原バスターミナル〜地獄谷野猿公苑
赤倉⇔長野駅線
赤倉温泉スキー場〜赤倉観光リゾート〜ホテルウィンザー〜ランドマーク妙高高原〜池の平温泉スキー場
〜杉野沢消防小屋〜杉ノ原スキー場〜長野駅
 
湯めぐりチケット販売中


〇B&B/素泊り大歓迎
当館は、この数年のお客様のニーズに答え、H26春から1泊2食の部屋数を制限して、B&B(1泊朝食付)と素泊りのお客様誘致を心がけてきました。ペンションの発祥・ペンション本来の姿に!! 現時点では数字的に・統計的に是非を論ずるところではありませんが、この夏そしてこの年末年始の様子では、お客様の増加傾向が覗えます。(29・2・5)
・方向転換して3年、1泊朝食付(B&B)と素泊りのお客様の比率が上昇(29・7・1)
B&Bと素泊りのお客様の比率が5割を超えたかも?(30・6・1)


○2017全国温泉総選挙結果&2018全国温泉総選挙
※妙高高原温泉郷は、お陰様で@「健康増進部門」で第1位、A「絶景部門」で第1位、B「リフレッシュ部門」で第2位にランキングされました。昨年に続いての快挙であり、来訪頂いたお客様・選挙に参加頂いた賜物と感謝しています。又の来訪と来年の全国総選挙の参加をよろしくお願いします。(29.12.15)

2018全国温泉総選挙実施中ご参加ご協力よろしくお願いします。(30.7.1)

〇国立公園の分離・独立決定!「妙高・戸隠連山国立公園」が誕生
現在の「上信越高原国立公園」があまりに広範囲・あまりに抽象的であるため、以前から妙高高原地域の分離を要求してきましたが、先般審議会を通過し、「上信越高原国立公園」から分離・独立して、新たに「妙高・戸隠連山国立公園」が誕生・3月27日に施行されることになりました。バンザーイです。(27・3・1)
・昨年いもり池に記念碑が建立され、さらに本年7月には与謝野晶子の歌碑が建立される。(29・7・1)



○バックカントリーについて

 ※バックカントリーでの遭難騒ぎが相次ぎ困ったものですね! 冬山(雪山)登山の範疇であることを全く理解していない。冬山経験ない・天気が読めない・雪質が読めない・地形が読めない・ルートハンティングが出来ない・装備を持たない、保険にも入らない・・・ナイナイ尽くしでの行動の結果。 あるのはゲレンデスキー(ボード)の経験と携帯だけ!!
 10代半ばから山に親しみ、縦走・沢登り・岩登り・冬山・山スキーを趣味としてきた私からすると許し難い安易さですね。携帯で「助けて!!」の結果が、捜索隊編成・捜索活動、ヘリでの捜索・搬送・・・どれだけの迷惑・出費か承知してますか? 員数・時間・日数等あり一概には言い切れませんが、地元山岳会など善意の救助隊参加者の日当・装備費用等(数十万円)、警察の救助隊費用(数十万円)、ヘリのチャーター費用(100万円/時間) 県警によっては、救助費用・ヘリの出動も無料の県もあります。さらに関係者皆さんの善意で事足りて事後の請求ゼロ!→→→それでラッキーですか?善意は兎に角、ヘリの出動など多くの救助費用は我々の税金ですよ。 メディアの対応も良くない。TV・新聞・関係雑誌等、必要な知識・技術・装備などの周知はもちろん保険加入・個人責任・救助費用等についても言及すればよい。(27・3・1)
 ※今年も各地ですでに何件か同様の遭難騒ぎが発生していますが、これからが山スキー・バックカントリーのシーズン、本年は雪が重く・暖気の関係で雪崩も要注意の状況から事故が心配されます。(28・3・1)
 ※3月11日・地域の「雪崩に関する安全講習会」があるので参加すると共に、前述の個人の資質の問題・関係者への迷惑・捜索費用の問題・メディアの対応問題等思うところを問題提起したいと思っています。(28・3・6)



○消費税について
当館の宿泊関連料金については、検討の末、消費税UP分を乗せていただくこととし、消費税込料金の表示としました。
ただし、4月から、2食付の部屋数(人数)限定&1泊朝食及び素泊りの今まで以上の重視等、当館の体制変更に伴い今までより安くなった部分もあり上下混在する結果となりました。
(26・4・3)
※我が国は資源に乏しい貧乏国ゆえ、消費税でも増税しなければ立ち行かぬ国なれど、その前に議員数の削減・金権でしか当選できない馬鹿政治家の排除に始まり、大手ゼネコンに牛耳られた経済状況からの脱却・地方政治の愚かさからの脱皮・・・・やらねばならないことが山積み・放置したままで、我々弱者にこそ影響する消費税のUP!! 何よりも今春3%、中1年半でしかない来年秋に2%と小分けして!!ありとあらゆる変更が強いられる種々の面倒・馬鹿騒ぎを国民に強要することが愚か極まりない。と考えるのは私だけ?(26・4・3)
※理由なき解散、選挙で無駄金は許せないが、消費税の10%化が予定より1年半伸びそうな事のみ、前述の馬鹿騒ぎの先延ばしとなった。(26.12.5)
※消費税増税に際しての対象品目等に係る国会での議論、まるで小学生のホームルーム、滑稽としか云いようがない。否小学生のホームルーム以下ですね!(27.11.5)
※昨年の適用範囲の議論についても、おろか極まりないものでしたが、2017年春予定の10%への増税までには、適用範囲・夏の参院選・景気変動など紆余曲折あり、さらなる延期を期待。(28.3.31)

※再度の延期決定、参院選のため?にしては長期にすぎる!さらなる裏があるのか?それでもアベノミクスは成功とノタマウ神経たるや実に不可解。またぞろ国の借金増やして次世代への先送り!?
(28.6.1)
※2019年10月実施は、避けられそうになく、バブル崩壊後四半世紀続く不景気に対してさらに冷や水か?料金体系に頭を悩ませ・関係書類及びHP他サイトの訂正など大変な作業を強いられることを考えると頭が痛い。(30.7.1)



○ペレットストーブ
・アンティークのFF灯油ストーブをペレットストーブに換えて3年目、柔らかい暖かさとオレンジの炎を楽しんでいます。
お客様にも大変好評で、先日も昨冬のお客様から、オーナーに勧められ設置して楽しんでいる旨写真添付メールが届き、近くのペンションでも導入するとのこと、エコと維持費の安さから急増中!ペレットの消費量が増えて、さらに安価になる事を期待!!(26.12.5)
朝晩冷え込みペレットストーブを使い始めたが、今年は灯油の値段が安いと思いきや、此処へきて乱高下、ペレットの単価は昨年同様500円/10Kg.灯油と同じか安いか?(27.11.3)
・今冬は灯油が安くて助かりました。寒く多雪地帯で生活していると灯油の値段に一喜一憂です。燃費でいくとペレットストーブの負けで、喜んでいいのか?泣いていいのか?(28.4.1)
・元気村にペレットストーブ仲間が出来ました。ネットで購入・給排気管等の取り付けなども自分で楽しみながら設置して先
日完成・火入れ式完了。目にする炎と柔らかな暖かさに大満足とのこと。(30.12.1)

○森林セラピー情報
・妙高高原は森林セラピー基地に認定され、長短6コースがセラピーロードとして認定を受け、コース整備・セラピーサポーターの育成・受け入れ態勢整備も進み一大森林セラピー基地となりつつあります。私もセラピーサポーターとして始動、コース案内など御相談ください。

○当館のペット
・モカ(ラブラドール、黒・♀)相変わらずペンションの一員気取りで、お客さんの出入りの度に小屋から出てきては愛想振りまき、すっかりペンションのマスコットになっています。
・12月21日4才になりました。人間だと二十代の乙女!?でもモカは、相変わらずの甘えん坊で・やんちゃな子供のまま!キツネ・ウサギ・リスの姿や足跡に反応、遊びたくて雪の中へ・藪の中へ突進!(24.12.25)
・我家の先住ペット・♀猫ピーチ(元気な17才)は、ガンとしてモカを受け入れませんでしたが、よる年並で円くなったのか、急に仲良くなりました。(24.5.1)
・先日三毛猫ピーチの乳腺腫瘍除去手術をし、年齢のせいか術後の回復が遅く心配しましたが、元気を取り戻し一安心。
(25.7.1)

・モカの小屋移動・雪囲い完了、これまでペンション出入口の下がモカの居場所でしたが、同じ並びの7メートル程奥に移動しましたので、チョット奥まで行き声を掛けてやってください。(25.12.2)
・12月21日、5才になりました。大好きなオヤツで誕生日してあげようと思いつつも忙しくて忘れてしまいました、モカちゃんごめん。(26.1.4)

・5才(犬年齢35才?)になったせいか、これまでの子供じみたヤンチャさが抜け、大分大人びて落ち着いてきて、喜んでいいのやら・寂しいやらの心境!(26.8.1)

・最近は知恵がつき、体内時計が働き、散歩・食事の催促をするように!何とダメモトでのワン一声まで!(26・10・1)
・ラブラドール・モカは6才、三毛猫ピーチは何と18才と数カ月・人間年齢100才?(27・2・3)
・先日19才の三毛猫ピーチが旅立ちました
。ピーチは、ペンションが建ち上がり駅前の借家からの引越しの最中に生まれ正に当館の歴史そのもので、沢山のお客様にも可愛がられ天寿を全うしての旅立ちでした。(27・8・1)
・28年11月、「国際アウトドアー専門学校」学生の卒業制作で、プロモーションビデオ「動物の目線で妙高高原」に出演、あいにくの小雨の中でしたが、アクションカメラを取り付け、私と一緒にいつもの散歩コースを!!ペンションに戻り皆でお茶しながら再生してみましたが、中々の役者ぶり、他の動物での撮影が済み編集・完成が楽しみ。(28・12・1)
・昨年12月黒ラブ・モカちゃんは8歳となりました。人間年齢では五十代半ばのおばちゃんですね!アゴは白くなり、身体のアチコチにも白髪が目立ちだしましたが、すこぶる元気で相変わらずの人好き・甘えん坊!(29・2・3)
・29.12.21 黒ラブのモカ9才の誕生日、野菜とフルーツで作ったケーキでお祝い。
人間年齢60歳、長距離の散歩でバテたり、夏の暑さにヘタリ込んだり!がチョット気になるお年頃?(29.12.22)


○スタンド・ランプシェード等照明具造り!
本ページの下にも紹介しているように、妙高の自然素材を使って照明具を造りだして3年、注文によりシーズンオフにポツポツと造って来ましたが、大変気に入ってくれた方が代理店となって販路を作ることとなり、注文が相次ぎ本格的に動き始め忙しくなりそうな気配!!(23.6.1)
※町おこしの目的から、一昨年から妙高地域の各種アーティストが集まり展示会を催してきましたが、本年は枠を広げ、他県で活躍・活動している妙高出身者・関係者も含めた25名(プロ・アマ)の書画・陶芸・木工・家具・写真・ちぎり絵等の作品展(妙高アート展)を6月29・30日妙高ふれあいパークで開催、もちろん小生も新作を含め10点出展し、これまでになく盛況!注文も頂き製作中です。(25.8.1)

○白樺の額・イーゼル・鉛筆型オブジェ!
写真・水彩・油絵を趣味とするお客様が増えとこともあり、白樺のイーゼルやフレームの注文が急増して、シーズンオフも忙しくなりオフがなくなりそう!!(26・9・1)
・2016秋開催した展示会で注文を受けた鉛筆型の大型オブジェ3個を本年5月やっと納品。
受注の際に、材料の白樺のストックがないので雪の落ち着いた3月に採集、乾燥したうえで作成する為来春の納品と了解して頂いていたにせよ大変遅くなり反省!(29・7・1)

○リピータープレゼント
3回目・5回目・7回目・10回目・20回目・・・・・・リピータープレゼントのあることは情報ページにありますが、7月に30回目のお客様が出現!何を作るか協議の結果、白樺の大型鉛筆オブジェを造る事になり9月にプレゼント、10月には20回目となったお客様と協議、照明スタンドに決まり、GWに来館された折、持ち帰り頂きました。(24.5)
☆H27・7月の宿泊で49回目のお客様出現!今秋来られるので50回となることから、50回目の記念品として何が良いか検討、結果白樺のイーゼルを作製することになりました。→→6月20日宿泊時に遅ればせながら50回記念に白樺のイーゼルをプレゼント。(27・7・1)
☆先日の宿泊で30回目のお客様と記念品の相談の結果、油絵用の「白樺の額」と決まり、シーズン明けに白樺の枝の採集・作製開始。(29・4・1)

○自家農園(無農薬・有機農法)について(WWOOFホスト)
@11月末の雪で畑は雪の下となり畑仕事は終了。大根・人参は甘さを増し雪解けに使います。
A無農薬・有機農法・EM菌の活用などが認められWWOOFホストに認定されました。(24.12)

BGW明けには、ペンションの畑も、新たに借りた18号沿いの畑も植え付け作業に入ります。
新たに借りた18号沿いの畑は、現農家さんの畑で環境もよく近いので、こまめに世話を出来るので楽しみにしています。身体が続けばですが?!美味しいものを安心して食べたいし・お客様に提供したいし頑張ります。国内外のウーファーさん助けて!!(25.5.1)

C5月6月と種蒔・苗の植付、支柱立て・雨よけ・草取りと忙しく作業に追われています。
D7月中旬頃からトマト・キュウリ・ナス・ピーマン・カボチャ・ダイコンなど収穫しお客様にも味わって頂いています。
(25.8.1)
E先日、今年初めて挑戦したスイカを収穫、試食の結果上出来だったので、早速お客様のデザートに供し好評でした。(25.9、1)
F夏野菜は大方終了、トマト・ピーマン・ネギ類は現在も順繰り収穫使用!サトイモがこれからで楽しみに!!9月にニンジン・ダイコン・ハクサイなど秋冬野菜の種蒔・間引きも完了、雪の来る前に収穫できるといいな?!
(25.10.2)
G11月に入ってサトイモを収穫、長ネギ・ニンジンは順次収穫、驚きは今になってもトマトが収穫でき便利に使用中!ダイコンは順調に太り!ハクサイが遅れての種蒔で雪の前に収穫出来るか微妙なところ!!
(25.11.4)
HH26春、忙しくて、手が付けられなかった畑仕事、5月下旬から6月始めやっとのことで、畑耕し・施肥・畝立て・マルチ張り等の準備、苗の植え付け&種まきが完了!(26.6.4)
I忙しくて手入れも出来ぬまま7月に入り困り果てている折も折、自然農法を学んでいる居候さんが来ることとなり、草刈りやら施肥・・・大助かりキュウリ・トマトなど日々収穫、近日中にはジャガイモの収穫を予定。(26.8.1)
J8月下旬、ジャガイモを収穫した畝に秋野菜の種まき、雪の来る前に収穫できるかな?本年は長雨で日照が少なく、トマト・ナス・ピーマンの出来がイマイチの中、ジャガイモ・カボチャが上出来。これから収穫のサトイモ・サツマイモ期待できそう!(26.9.1)


○東日本大震災について
被災・非難されている皆様心よりお見舞い申し上げます。救援・支援など活躍されている皆様ご苦労様です。
@私も所属しているボランティア団体・ワイズメンズクラブで、直後の3月16日に当館すぐ上の東京YMCA妙高高原ロッジを支援物資の集積・発送拠点とすることを決め全国のワイズメンに支援物資送付依頼を発信。18日から続々と到着する救援物資を開梱・中身の確認・仕分け・再梱包・搬送と慌しい時を過ごしていました。集まった物資・大小400個(カートン・包み・台数)結果20日・22日・23日・30日の4回・4台の車で現地救援活動拠点仙台YMCAに搬送しました。
しかし、日本の歴史上最大の災害に対しては、これは急場の緊急支援物資の集荷・輸送という第1ステージでしかなく、2・3年あるいは数年と人手・物・心・金あらゆる支援が必要と考えており、今後もワイズメンズクラブと共に出来る限りの支援を続けたいと思っています。(23.5.1)
A4月〜6月には第2・第3陣の支援物資の提供及び支援金の街頭募金等活動を続けています。(23.7.1)
B8月には、当館も福島原発事故被害者家族を受け入れ、自然の中で伸び伸びと過ごす事でリフレッシュしていただきました。(23.8.31)
C10月13日〜16日被災地・岩手県宮古市にワイズメンズクラブメンバー他4名(&当館のマスコット犬:モカ)で支援に行き、被災者所有の泥水に浸かってしまった書籍の清掃や仮設入居者との運動会開催・炊き出し、被災家屋の修繕、支援物資の配布など少しばかりのお手伝いをしてきました。(23.11.1)
D2012年GW明けの7日から10日被災地・石巻にボランティアに行ってきました。牡鹿半島・鮎川港のボランティアグループとの協働で、支援物資の運搬・機材の修理や記念植樹の手伝いに良い汗をかいて来ました。(24.6.1)
E11月6日〜9日被災地・石巻にボランティアに行ってきました。信越妙高ワイズメンズクラブと長野ワイズメンズクラブ合同で3泊4日・参加者8名
(24.12.1)
管理者が亡くなり管理が出来ない墓地の草取り、建物が流され或は破壊され瓦礫と化し撤去されたものの、夏草の生い茂った空き地の草刈と終日老骨にムチ打ち汗してきました。大きな災害からすればチリほどの事でしたが、「忘れずに来てくれることだけで、有り難く・励みになります」との地元の人達の言葉が何よりでした。

F6月4日〜7日、信越妙高ワイズメンズクラブの仲間と東北・石巻へ4回目のボランティアに行って来ました。牡蠣(カキ)養殖の種挟み(稚貝の付いたホタテをロープに挟み込む)・海苔養殖の錨の錆落とし&塗装などの手伝いをし、貴重な体験してきました。(25.6.10)
G第5回目被災地支援10月22日〜25日(信越妙高ワイズメンズクラブ・石巻ワーク)
今回は牡鹿半島の牧浜(マキノハマ)の牡蠣養殖漁業者の手伝いで、漁協の上屋(作業場)が破壊され建設途中のため牡蠣をムキ身にする作業が出来ないことから殻付のまま出荷する為、イカダから水揚げした牡蠣の塊を小船の上でバラしたり、殻に付いたフジツボ・カラスガイ・海草などを除去する作業でした。
台風の接近など天候の心配がありましたが、小雨にあう程度でワークに支障なく、前回6月の牡蠣の種挟みに続いての収穫作業で、牡蠣養殖の一連の作業が出来貴重な体験をすることが出来たと共に復興の一助になれた事感謝です。最終日には多くの死者を出した大川小学校を訪ね津波の脅威を改めて胸に刻み帰途に!(25.11.4)
H第6回目被災地支援6月10日〜13日(信越妙高ワイズメンズクラブ・石巻ワーク)
前回同様、牡鹿半島の牧浜(マキノハマ)の牡蠣養殖漁業者さんの完熟ガキの出荷準備の手伝いをしてきました。二日目は雨にたたられ大変な作業となりましたが、今回は仮設に宿泊するという貴重な体験をしてきました。(26・6・23)

I10月28日〜31日、7回目となる東日本大震災復興支援ワークに行ってきました。
石巻市の中心部は被災直後と比べて一見何事もなかったように復興しているものの、海岸付近は相変わらず瓦礫が片付いただけの荒地のまま、多くの人々が復興とは縁遠く仮設住宅で不便な生活を強いられているのが実状。
今回は、海岸線近くの住宅の流された跡地をコミュニティー広場として活用している花壇及び畑の管理に汗したものの、毎回の事ですが、大きな爪痕に比し、どれほどの事かと思うことしきり、地域の人々に「忘れてないよ」の思いを伝えるのみ!
(26・10・20)
J第8回目となる東日本大震災支援ワーク、H27年6月9日〜12日実施
今回は石巻市内のコミュニティーセンター「川の上・百俵館」のエントランスの整備(敷石張り)に汗してきました。(27・6・20)
K第9回目東日本大震災支援ワークは、H27年10月20〜23日実施
初日の石巻・大川小学校で、被災時の生の声と現在の遺構として残す賛否両論等を聞く事に始まり、市内コミュニティー広場の花壇・菜園の整備、鮎川漁港での仮設住宅の草刈り等、名取市閖上地区の被災地を訪れ、帰路は福島原発横の国道6号線を走り、立入禁止地域の状況を視察してきました。(27・10・25)
L第10回目となる被災地支援ワークキャンプとして、H28年6月21日〜24日実施、あいにくの雨天の中予定したワークをこなす事は出来なかったが、牡鹿半島各地で、通学路の整備や集会場の整備等に汗した。充分なワークが出来なかった反面「津波の教え石」を訪ねたり、多くの復興に向け頑張る人達と語り合う事が出来た。(28・7・1)
MH29年6月12日〜16日ペンションは休館とさせて頂き、東北大震災復興支援ワークキャンプに行ってきました。
当地の「信越妙高ワイズメンズクラブ」は、被災直後の救援物資の集積・再梱・搬送に始まり、その年の岩手県宮古市への支援ワーク・その後の宮城県石巻市周辺部への被災地支援ワークを続け今回で11回目となります。
今回は、石巻牡鹿半島先端に近い寄磯浜で小学校の運動場の草刈りや通学路の整備、東松島市の仮設住宅の草刈りや施設整備等に汗してほんの少しのお手伝いと「忘れてないよ」を届けてきました。(29・7・1)

NH29.10月17日〜20日 第12回目となる被災地支援ワークキャンプに行ってきました。今回は東松島市を拠点に展望台の草刈り・農家の野菜栽培ハウスのお手伝いと被災された多くの方々との交わり等有意義な時を過ごさせて頂きました。(29・11・1)
OH30.6月12〜15日第13回目の被災地復興支援ワークキャンプ実施、集会場や公園の草刈り及び被災地の象徴的存在であり、立ち寄られた方も多いと思います「がんばろう!石巻」の周辺部が記念公園となることから、一部に花壇を造成するなど汗してきました。故あって、信越妙高ワイズメンズクラブは今期をもって解散することになり、残念ながらクラブとしての被災地復興支援ワークキャンプは今回が最後となります。
今後は、これまで繋がりを持てた方々をお尋ねしたり、花壇の花々が咲きそろう頃にお尋ねする等個人的に訪問する等復興を見守りたいと考えています。
(30・7・1)

 ■木工教室(グリーンシーズン・要予約)   お1人様 2,000円

小鳥細工

 ■リース&つる細工教室(グリーンシーズン・要予約)  お1人様 2,000円
あなたもオンリーワンのリースやつる
細工を作ってみてませんか?
アケビ・ブドウ・藤の蔓・ドライ
フラワーで作ります。


 ■原木家具の作製・販売

原木家具の作製・販売・素材の手配・相談承っています。
自然味あふれる素朴な家具をキーワードに自然木無垢材を
使用して安価で飽きない家具を作っています。


〜テーブル&ベンチ〜

〜椅子「白樺林」〜



〜椅子「白樺ログハウス」〜

〜テーブル&丸イス〜

 ■照明具(スタンド・ランプシェード)の作製・販売

妙高高原の自然素材(ヤマブドウ・アケビ・ヤマザクラ・ウツギ等)を活用した電気スタンド・ランプシェードを製作、販売しています。ペンション内でも使用中、ご宿泊・お立ち寄りの際ご相談ください。

〜ヤマブドウ蔓・皮&和紙のランプシェード〜

〜ヤマザクラ小枝製スタンド〜

     〜タケ&アケビのスタンド〜

〜タニウツギ&和紙製スタンド〜